いつもタバコが欠かせない人にとっては禁煙をするという事はとても困難なことかも知れませんが、特に禁煙を目的としなくてもVAPEを利用する事は楽しみにもなると言えます。何となく口寂しい時に自分の好みの香りを選んで利用すると、それだけで気分が落ち着くと思われます。香りの種類も豊富なので何種類も揃えておくと尚更楽しみが増えます。又煙が出ないので周囲にいる人も副流煙に悩まされずに済み快適に過ごせますし、健康のためにも効果があります。VAPEの使い方は至ってシンプルなので誰にでも出来ますし、火を使わないのでお子様がやけどをしてしまう心配はありません。しかし多少は熱くなるので管理をきちんと行う事は大切です。VAPEを使っていると他の人から見ればオシャレな印象を与えて自分としても嬉しさを感じると考えられます。

VAPEの20%ルール

VAPEのリキッドの残量は、20%をきらないように注意してください。アトマイザーの中には、コイルがあり、リキッドを加熱していますが、コイルにリキッドが付着していないと、コイルが焼けてしまいます。こうした状態になると、焼けこげた味がリキッドに入り込むため、吸ったときに分かります。アトマイザーに対して50~60%程度で利用しているときが、一番、おいしく感じられるでしょう。一度、焦げた味がした場合は、コイル交換をするか、アトマイザー内部を洗浄しましょう。焦げたリキッドの味は、沈殿していき、リキッドは茶色に変色していきます。見た目で色が変化しているとわかる場合は、残った20%のリキッドをすべて捨てて洗浄してください。初心者の頃は、この20%ルールを知らずに、リキッドを焦がしてしまったり、新品のアトマイザーを壊してしまうこともありますが、リキッドの追加は、できるだけマメに行う習慣を身につけることをお勧めします。

VAPEは体にもお財布にも安心

VAPEとは電子タバコの通称で、ミントやフルーツの味や香りのついた水蒸気を楽しむ道具です。日本国内ではニコチンは薬事法により含まれていません。なので、タバコを吸いたいという中毒性を上手く緩和することができます。それでも絶対的な禁煙効果が得られるという訳ではありませんので、口元の寂しさをまぎらわす目的としてはとても役立ってくれることでしょう。VAPEはまず、5000~10000円程金額がかかってきますが、今後使い続けていくことを考えますと非常にお財布にも優しいですね。通常のタバコを一日一箱吸っている方でも、VAPEの場合は月にリキッド1本程の消費になります。ちなみにリキッドとは味がついたフレーバーのことで、大体1本1000円程度ですみます。タバコ2~3日で使ってしまうお金で一ヶ月近くもつとなると、とてもお得ですね。

2014年に英オックスフォード大学出版局がベイプ「VAPE」を一年で最も注目された言葉に選びました。 副流煙が出ないので、周囲の人にも迷惑がかかりません。 Eleaf・INNOKIN・aspireをはじめ有名ブランドの電子タバコを購入できます。 発がん性物質を含まないので健康は気になるけど禁煙出来ない方にもおすすめ。 日本では、煙が多い爆煙タイプが人気を集めています。 VAPEのトップブランドを取り扱っています