お役立ち☆期間工の求人6サイト

home > 期間工の情報 > 交代制でなく日勤のみの期間工の特徴

交代制でなく日勤のみの期間工の特徴

 工場勤務は、交代制になるケースが多いです。
工場は常に稼働していますし、日勤と夜勤の従業員が交代で働いているパターンが目立ちます。
その交代制の勤務スタイルの特徴は、勤務時間が若干不規則になる事です。
ある日には日勤で働いても、数日後には夜勤で働く事も多いので、規則正しい時間帯で働く訳ではありません。
それだけに、人によっては体力的な負担を感じている事もあります。
ただし交代制の場合は、給料に関するメリットがあります。
そもそも期間工に限らず、夜間の時間帯に働く時には、夜勤手当が発生するからです。
いわゆる25%の割増賃金が発生するので、日勤だけで働くよりは、大きく稼げる傾向があります。
ちなみに期間工の仕事は、たいていは交代制になります。
満了金もありますし、比較的稼げる傾向があります。

 ところで期間工の求人案件を見てみますと、たまに日勤のみと明記されている事があります。
その表現通り、勤務する時間帯は昼間限定になる訳です。
たいていは時間帯が固定されていて、9時から18時頃になる事が多いです。
なぜ工場が日勤の従業員を募集するかというと、急ぎで仕事を終える必要があるからです。
日勤のみの期間工の場合は、たいてい短期で働く事になります。
交代制の場合は半年や1年以上は働くことが多いですが、日勤のみは3ヶ月ぐらいで働くケースが目立ちます。
例えば秋頃から働き始めて、年末いっぱいまでは工場で働くケースがよくあります。
その時期になると、やるべき作業が沢山ありますので、人手も不足する事が多いです。
特に日勤の従業員が不足するケースが多く、短期雇用になるケースが目立ちます。

 日勤のみで期間工として働くメリットは、規則正しさです。
交代制の期間工のように、夜間に働く事はありませんので、生活リズムも規則正しくなる傾向があります。
そもそも夜勤明けは、非常に過酷な状態になる事も多いです。
徹夜明けの時間帯は眠気も強いですから、心身共に疲弊してしまうケースもあります。
その点日勤のみの期間工なら夜勤はありませんから、そこまで負担が大きくない事も多いです。
ただし日勤のみで働くのは、収入に関するデメリットはあります。
夜勤と違って手当は付きませんから、収入が若干限定される事はあります。
しかし生活リズムは規則正しくなりますし、勤務期間も短めですから、短期集中で働ける事も多いです。
ですから交代制でなく、日勤のみの期間工の仕事を探している方も多いです。

次の記事へ

カテゴリー