お役立ち☆期間工の求人6サイト

home > 期間工の情報 > 期間工という仕事は通勤時間はどうなのか

期間工という仕事は通勤時間はどうなのか

 勤務先までの所要時間は、とても多彩です。
勤務先によっては自宅から遠いこともありますし、その逆に自宅から近い勤務先もあります。
前者のような勤務先ですと、通勤するのは少々大変な事もあります。
この通勤時間は、しばしば求人を探す時のポイントの1つになります。
毎日同じ職場に通う以上は、「できるだけ自宅から近い勤務先が望ましい」という方も少なくありません。
あまり近いのも問題なので、ほどほどの距離の勤務先を選んでいる方が多いです。
ところで期間工という仕事は、その勤務先までの距離が特徴的です。
基本的には、無理なく通う事はできます。
通勤時間が極端に長くなる職場は、殆ど見られません。
全般的に、入居地から近い職場で勤務できます。
その理由の1つは、住み込みで働く事になるからです。

 期間工という仕事は、基本的には住み込みになります。
工場の社員寮に入居して、通勤し続けるのが一般的です。
その社員寮は、基本的には工場の近くに立地しています。
具体的に徒歩何分程度になるかは、工場次第です。
そもそも期間工の仕事と言っても、工場は沢山あります。
それぞれ立地環境も異なる訳ですが、それは社員寮も同様です。
社員寮によっては、少し距離が離れている事はあります。
とは言っても、極端に距離が離れている社員寮はほとんど見られません。
基本的には工場から歩ける範囲内に社員寮があって、通勤に何時間もかかる事はありません。
たまにマイクロバスなどで通う工場もありますが、基本的には徒歩で無理なく通える工場が目立ちます。
通勤が比較的楽である点は、期間工という仕事の特長の1つです。

 ただし、たまに例外的な工場もあります。
そもそも工場での通勤に手段は、働く本人が選ぶことも可能です。
人によっては、たまたま工場の近くに住んでいる事もあります。
本人が希望すれば、その自宅から通勤する事も可能です。
例えば、自宅から工場に通う時の通勤時間は、片道20分程度だとします。
それに対して社員寮から工場に通う時の所要時間は、片道40分程度です。
明らかに自宅から通う方が、毎日の通勤が楽になります。
その場合は、工場に相談して自宅から通う事もできます。
いずれにしても期間工の工場は、通勤はそれほど大変でない事が多いです。
ですから通勤が楽な職場で働きたい時には、期間工という仕事も検討してみる価値があります。
全体的に都内にある自動車工場は、通勤時間は比較的短くなる傾向があります。

次の記事へ

カテゴリー