お役立ち☆期間工の求人6サイト

home > 期間工の情報 > 期間工と光熱費や収入に関する魅力

期間工と光熱費や収入に関する魅力

 期間工は工場での仕事の1つで、その代表例は自動車の組み立てです。
自動車は工場で生産されていて、分業制で仕事が行われています。
期間工で働く事になれば、自分の持ち場も割り振られます。
それで所定の作業を行う訳ですが、一般的なアルバイトや契約社員とは、色々異なる点が多いです。
その1つは宿泊です。
その工場の仕事で働く場合は、基本的には入寮する事になります。
つまり住み込みで働く訳です。
またその仕事は、満了金という制度もあります。
基本的には契約社員のように、有期雇用になります。
その期間を勤め上げた時は、ボーナスのようなお金が支払われる訳です。
ちなみに期間工として働きたいなら、面接も受ける必要があります。
多くの工場では、体力測定などが行われ、一定の基準を満たせば働くことができます。

 その工場の仕事には、様々な魅力があります。
その1つは光熱費などの節約です。
生活の為には、様々なお金を支払う必要があります。
1人暮らしでアルバイトするなら、賃貸物件の家賃も支払う事になりますし、光熱費や水道料金も支払っていく訳です。
その他にも食費もあります。
合計すれば、1ヶ月の維持費が10万円を超えてしまうケースも多いです。
その出費を気にしている方も、少なくありません。
ところが期間工という仕事の場合は、住み込みになります。
住み込みですから3食支給されますし、光熱費などを自己負担する訳でもありません。
なお寮の家賃は、工場によって異なります。
格安料金で入居できる寮が多いですが、家賃は全額負担してくれる工場も多いです。
生活に関する様々な出費を節約できるのは、期間工の魅力の1つです。

 それと満了金というメリットもあります。
期間工の仕事には、勤務期間があります。
半年や1年などの勤務日数が定められていて、一定の条件を満たしていれば、満了金が支払われる訳です。
例えば「勤続半年かつ無遅刻無欠勤」などの条件です。
この条件の場合は、勤続1ヶ月程度で途中退職した時や、欠勤した時は対象外になります。
しかし条件を満たしていれば、大きなお金を受け取れるケースが多いです。
人によっては、1年間ほどは工場で勤め上げた結果、100万円近くの満了金を受け取っている事もあります。
他のアルバイトや契約社員などの働き方ですと、その満了金という制度自体が存在しない事も多いです。
ですから他のアルバイトよりは、期間工の方が稼げる傾向があります。
総じて「高収入が期待できる」のは、期間工の魅力の1つです。

カテゴリー