お役立ち☆期間工の求人6サイト

home > 期間工の情報 > 果たして期間工という仕事は大変なのか

果たして期間工という仕事は大変なのか

 期間工の経験が無い方々は、過酷であるかどうか心配している事もあります。
その仕事に興味はあるものの、業務内容は大変であるかどうか不安感を抱いている方も多いです。
現に期間工という仕事は、健康検査があります。
面接もしくは赴任初日に健康状態を確認する工場が殆どです。
問題なく業務を遂行できるかどうかを確認する為に、体力などを見極める訳です。
他の職種は、そうではありません。
健康検査自体が無い職種も多いですし、期間工という仕事は体力が求められると思い込んでいる方も多いです。
では業務は過酷かと言われれば、過酷になる可能性もあれば、そうでない可能性もあります。
工場には様々な部署がありますし、大変であるかどうかは配属先次第です。
しかし、ある程度は業務経験を積めば、慣れてくる傾向があります。

 期間工として働き始めてから1週間も経過していない時期は、確かに過酷だと感じられる事は多いです。
例えば腕力に関する問題です。
業務内容によっては、力仕事が多いように感じられる事もあります。
その仕事が数時間続きますし、交代制での勤務になるので、時には夜勤もあります。
ですから勤続1週間や2週間ぐらいの時期は、かなり大変な業務だと感じられるケースはあります。
しかしある程度その仕事を続けますと、だんだんコツが分かってきます。
そもそも「力仕事である」と最初は思い込んでいても、実際は「力は入れる必要は無い」と気が付くケースも多々あります。
要領が分かってくれば、比較的楽に仕事ができるケースも多いです。
現に期間工として1年も続ければ、「そこまで過酷ではなくなった」という声も多いです。

 それと期間工の配属先は、色々あります。
そもそも自動車の組み立てなどは、役割分担が細かく分かれている訳です。
どの業務を担当するかにより、過酷であるかどうかも変わってきます。
例えばAという業務を担当する分には、特に過酷ではありません。
多少のスピードは求められるものの、特に腕力は必要ない業務です。
それに対してBという業務は、やや大変です。
腕力も必要ですから、やや体力が求められる業務になります。
ですからBという配属先になれば、やや大変な毎日になる可能性はあります。
逆にAに配属されれば、そこまで大変ではありません。
どちらに配属されるかは工場次第ですし、過酷な毎日になるかどうかは、配属されるまでは分かりません。
ですが、どちらに配属されたとしても、最終的には慣れてしまう事が多いです。
結局は、長く働き続ければそこまで大変な仕事ではありません。

次の記事へ

カテゴリー