お役立ち☆期間工の求人6サイト

home > 期間工の情報 > 長く勤めると日給や満了金が高くなっていく期間工

長く勤めると日給や満了金が高くなっていく期間工

 期間工という仕事は、支給されるお金が特徴的です。
勤続年数が長いほど、お金も増えていくシステムになります。
それがこの仕事の魅力の1つであり、期間工によっては大きく稼いでいる事もあります。
その工場の仕事は、日給制になります。
しかも日給が固定される訳でなく、働いた日数に応じて変化していく訳です。
いわゆる昇給です。
ところで期間工の求人広告を確認してみると、時給換算では1200円前後の工場が多いです。
1200円という数字は、数ある仕事の中でも比較的高い方ではあります。
倉庫業や販売業のアルバイトですと、1000円前後になっている事も多いです。
他の職種よりは時給が高めですが、働いた期間に応じて、その数字も高くなっていきます。
基本的には、半年が1つの目安になります。

 確かに最初の内は時給1200円換算ですが、勤続年数が半年を経過すると、日給も徐々に高まっていく訳です。
1年も経過すれば、時給は120円ほど高まる工場が多いです。
つまり2年目からは、時給1320円という事になります。
しかも長く勤め続けると、その時期はさらに高くなっていきます。
1300円台などでなく、1400や1500円などと昇給していく訳です。
ベテランの期間工ですと、時給が2000円台になっている事もあります。
工場としては、勤続年数が長い従業員は生産性も高いと見なすので、それを給料に反映してくれる訳です。
時給2000円という数字は、他の職種ではなかなか見かけません。
医療関係の仕事でなければ、そこまでの時給は難しいです。
勤め続ければ大きく昇給していく点は、期間工の特徴の1つです。

 それと期間工という仕事には、満了金があります。
働いた期間に応じて、所定のお金が支給される訳ですが、いわゆるボーナスのようなシステムです。
例えば3ヶ月間勤め上げた時には、満了金は10万円台だとします。
ところが半年勤め上げると、さらに別途で40万円ほど支給される工場が多いです。
12ヶ月目には50万円近くになりますし、もっと長く働き続ければ、さらに満了金の数字は大きくなっていきます。
現に35ヶ月満了しますと、57万円近く支給される工場もあります。
途中で退職しない事が条件になりますので、頑張って働き続ければ、大きく稼げる可能性もあります。
期間工以外の職種ですと、その満了金というシステム自体が無い事も多いです。
他の職種より大きく稼げる可能性を秘めている点は、期間工の特徴の1つです。

次の記事へ

カテゴリー